常にどこかの国で為替市場は変化しているし

現実にパソコンの。仕事 辞めたい アフィリエイト

画面の前に座り、休むことなく変動している為替レートをご覧になっていると、直ちにトレードをしなくてはいけないという衝動に駆られる方も少なくないと思います。

だが、漠然とした感覚で売り買いをするのだけは、避ける必要があります。

事実、外国為替相場は年中、常にどこかの国で為替市場は変化しているし、レートも休みなく変動している。

しかし、何度もトレードを繰り返していると、その回数分だけ損をする可能性が増します。

無論、売買の数を重ねることによってトータルで勝つ確率が50%、50%になるのは事実。

でもこの事実は「明確でないアイデアで売買」することとは話が違います。

取引回数を積み重ねるとは自分が「ここがチャンス」と考える勝機を得た状態での取引回数を重ねるという事を意味します。

ただ、休む間もなく売買をするのとは明確に違う。

外国為替相場の駆け引きに勝つためにはメリハリをつけることこそが肝心です。

「ここはいける」と思った為替相場の時には、所持ポジションを増やして、徹底的に利益を追求します。

「何となく悩ましい外国為替相場でどう推移するのか理解できないな」と感じたならば、いっそのこと所有ポジションをすべて閉じて放置します。

それぐらいのリズムをつけた方が最終的にはエントリーは勝利します。

市場の名言には「休むも相場」というものがあります。

文字通り言葉どおりだと思います。

為替とは、いついかなる時でも売買ポジションを持っていることが肝心な事ではなく、どれも保有せず静観していることも相場なのである。

それならば、どの場面で休むべきなのでしょうか。

第1に言われるのが前述の通り、これから先の市場が具体的によく見えない時。

これから円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は何も考えず行動すると、自分で思った脚本とは反対の方向にマーケットが向ってしまい損失を被る事になります。

だから、そのようなケースではポジションを減らして何もしないで見ているだけが最良の選択です。

もうひとつの場面は、自分の体調があまりよくない時です。

コンディションと外国為替相場に関係しないと感じる人もいるだろうが。

実は考えている以上に影響します。

コンディションがよくなければ、為替相場の肝心な局面で、必要な判断を下すことができない。

気分が進まない時は、市場から距離を置くことも重要な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.ranierospizzeria.com All Rights Reserved.