確かめたら良いか?」といっても

加盟店でどれものクレカが決済可能なわけではありません。ハタラクティブハケン

◇カードの加盟店舗はおおむね、多くのクレジットカード運営会社と契約しているわけですがちょっと不便ですが一切の加盟店舗で一切のブランドのクレジットカードが決済できるわけでもありません。ロスミンローヤル 効かない

旧態然とした加盟店の際だとJCBのマークの入ったクレジットカードしか切れない状況もあるし今日のお店の場合VISAとマスターのマークの書いてあるものだけしか決済できないときもあるものです。

ダイナースクラブカードのようなカードならもっと決済不可なショップが増えると思います。

どのマークの所有クレカが決済可能かというのをどうやって判断したら良いか「ではいかなる方法で何のブランドの所有クレカが決済可能かというのを確かめたら良いか?」といっても、ちゃんと理解するんだったらショップの方に聞いてみるのみ、ていうのが実のところその回答です。

でも大体の店やショッピングセンターには店舗前のエントランスのところとかに切れるクレカ会社のマークが入っているステッカーが掲示されているんで「そうかあそこのお店ではVISAカードが使用可能なのか」ということが分かりやすくなってるし記憶にとどめておいてください。

反対に、きっちりと管理が出来ていない加盟店のような場合にはロゴが掲げられている場合でも「当店舗ではご使用のカードは使えません」といった案内をもらうなんてこともあるわけで、メンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。

欲を言えばできる限りより多くの加入店舗でクレカが使用できるようにするためにもう一つのグループ(国際ロゴ)が入っている一般的なVASA、MasterCard、JCB、ダイナースカード、というようなクレカを2枚以上携帯するようにするとよいでしょう(例えば:UCカードを持っているならもう一枚はアメックス付属のクレジットカードを申し込む等)。

特に海外に出ないなら、VISA、MasterCard、JCBの3つのマークが入ったカードを常に財布に入れておけば、おおよそ日本全土の加盟店舗でいずれかのクレジットカードを使用する機会があります。

カードを使って効率よくキャッシュレス生活を目指すためにはしっかりとこれらのクレジットカードを財布に忍ばせておいていただくことをお勧めします。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.ranierospizzeria.com All Rights Reserved.