www.ranierospizzeria.com

実際にパソコンのディスプレイの前に座って止まることなく動いている相場をご覧になっていると、何となく注文をするという思いが生まれる状況も少なくないと思います。だけど、ぼんやりした直感で注文するのは、決してしてはいけません。分かっていると思いますが、為替相場は1日中休みなく外国為替相場が変動しているしレートもいかなる時でも上がったり下がったりします。とは言っても、頻繁にエントリーを積んでいくと、その分だけマイナスになる率が高くなります。当然、売買の数を重ねることによって、稼げる確率か50%、50%になるのは事実です。でもそれは「なんだか分からない直感でエントリー」してしまうこととは話が異なります。売買回数を積み重ねる事の意味は、自ら「ここだ!」と考える感覚を得た状態でのトレード回数を積み重ねるという意味です。ただ、休む間もなくエントリーを経験するのとは大きく異なります。外国為替市場の駆け引きに勝つためにはあなたが主体的にけじめをつけることこそが大事だ。「ここがチャンス」と感じたマーケットの時には、迷わず所持ポジションを増やして、徹底的に儲けを求めます。「難しい外国為替市場で、どう動くのか思いつかないな」と思案した時は、いっそのこと所持ポジションを全部見切りをつけて放置します。それぐらいのメリハリがあったほうか、最後にはトレードは勝利します。外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通りだと思います。FXとは、常に売買ポジションを持つことが大切ではなく、どの売買ポジションも所有せずじっと待っている事も、FXです。じゃあ、どういった時に休むべきなのでしょうか。第1に考えられるのが、先述した通り、現在の市場が曖昧で判断できない時です。今後円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は、思いつきで行動すると、自分自身の作り上げた台本とは逆に外国為替相場が動いてしまい、損失を被る事になります。こういった場面ではポジションを無くして、何もしないで様子をみるのが唯一出来る事です。ふたつめは、自身の健康状態があまりよくない時です。体の調子とマーケットに関係がない考える方もいると思いますが実は意外と関係がある。コンディションがよくなければマーケットの大少な状況で必要不可欠な判断を下すことができません。気分が乗らない時は、相場から遠ざかる事も必要な事です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.ranierospizzeria.com All Rights Reserved.